今すぐお電話 → (310) 956-4008 Hours:月-金 8:30am-4pm / 879 W. 190th St, Suite 530, Gardena, CA 90248

kabuki_1200

国際文化交流ビザ(Qビザ)

国際文化交流ビザ(Qビザ)の概要

能Q-ビザは、アメリカの法務長官が認めた国際文化交流プログラムに、実務訓練、雇用、文化交流などの目的で参加する外国人に発給されます。J-ビザ と似ているが、申請者が自分でアメリカ領事館に申請するJビザに対して、Q-ビザは、アメリカの雇用主に移民局へ請願書を提出してもらって、許可の通知が きてから、初めてアメリカ領事館で申請出来ます。申請の流れはHビザと同じで、J-ビザよりも雇用プログラムとしての性格が強いのが特徴です。ビザ取得の 日数も、J-ビザは2週間くらいだが、Q-ビザの場合は移民局に請願書を提出する時間がかかるので、数力月は必要になります。 申請者の条件は、18歳以 上である事、アメリカ国外に住まいがあり、スケジュールを消化したらそこに戻る意志がある事、自国の文化をアメリカ人に伝達できる能力と英語力があること などを証明する必要があります。

家族用の滞在ビザは有りません 滞在期間は最高で15ヵ月です。 延長したい場合は、アメリカ国外で1年以上滞在してから、再びQ-ビザを申請することになります。また、Q-ビザは、他 のビザと違って配偶者や21歳以下の子供に対して発給される滞在ビザが有りません。そのため、家族同伴で渡米する場合は、家族はB-ビザやF-ビザなどで 滞在資格を得る必要があります。

Qビザ申請の第一段階として米移民局(USCIS)へ請願を行い、その請願が認可される必要があります。したがいまして、Qビザ取得には 「国際文化交流プログラムの主催者であるスポンサー」と「ビザ申請者」双方が米国移民局の定める細かい条件を全て満たす必要があります。米移民局 (USCIS)での請願の許可が必ずしもアメリカビザ取得を保証するものではないのでご注意ください。

 

申請書類

Qビザの申請には、下記の提出が必要です。 ※英語以外の書類には翻訳が必要です。

  • DS-160フォーム
  • 米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート
  • 2 インチ x 2 インチ (5cmx5cm) の写真1枚
  • 面接予約確認書
  • I-797請願書許可通知、I-129請願書、および雇用証明
  • 大学の学位を含む仕事に必要な資格の証明
  • 申請者の職位や関わったプロジェクト、勤務年数などを詳述した雇用主からの書簡

オフィス所在地 :