今すぐお電話 → (310) 956-4008 Hours:月-金 8:30am-4pm / 879 W. 190th St, Suite 530, Gardena, CA 90248

pixta_20325319_L(1)_1200

学生・学生の同行家族ビザ(Fビザ)

学生・学生の同行家族ビザ(Fビザ)の概要

group of happy teen high school students outdoors

米国は学業を目的として渡米される海外の方を歓迎しています。学生ビザの申請者は、ビザ申請前に、学校もしくはプログラムからの受け入れ、および承認を得ていることが必要です。学生を受け入れる教育機関は、学生ビザの申請時に提出する必要書類を申請者に交付します。

F-1 ビザは最も一般的な学生ビザです。米国内の認定大学、私立高等学校、認可された英語プログラムなどで教育を受けることを希望する場合は、F-1 ビザが必要です。週18時間以上の授業を受ける場合も F-1 ビザが必要です。

Fビザは就労ビザではありません。Fビザを取るためには、フルタイムの学生でなくてはならないため、基本的に働くことは出来ません。卒業後、そのままアメリカで就職することは可能ですが、その場合、就労ビザはH-1Bを取るのが一般的です。その準備段階として、プラクティカル・トレーニング(PT)というシステムがあります。

 

Webボタン_留学生向け動画(大使館公開の動画)_160801

ビザの種類と資格

Redesigned-Form-I-20Fビザの滞在期間 Hビザにスポンサー企業があるように、Fビザで申請者の滞在を手助けしてくれるのが、入学する学校になります。そのため、I-20という学校からの入学証 明書があって初めてFビザが発行されます。間違いやすいのがFビザの滞在期間。入国時に認められる滞在期間はD/S(Duration of Status)となります。これは、ビザ発行時に規定された条件を満たしている限り有効という意味です。つまり、現実的にFビザで許された滞在期間は、査証に記載されている有効期限ではなく、I-20を発行してくれた学校を卒業する時点までということになります。転校や進学で学校を変わった場合には、その都度変更手続きをしっかり行わないと、知らない間に不法滞在者ということにもなりかねないので、注意しなければいけません。また、旅行や一時帰国の際など、一時的にアメリカを離れる時は、学校の留学生事務所から担当者のサインを、I-20の裏にもらわなければなりません。別の学校へ転校した場合は、必ず新しい学校のI-20を手に入れておかないと、再入国が出来なくなります。

FビザはBビザと同じように、移民局を通さずにアメリカ領事館だけの審査で発給を受けられます。

I-20は入学する学校からの入学許可証で、入学が認められれば、学校の留学生事務所から送られて来ます。サポーティング・ドキュメントでは、留学中の生活費用がまかなえることと、留学後は日本に帰国する意志があることを証明する必要があります。経済的な証明については、学校にも提出が求められる、銀行の残高証明等を提出します。本人名義の口座でも、または、援助してくれる家族名義の口座でもOKです。帰国する意志については、米国での日程や滞在先を明確にし、どのような目的で留学するかを、はっきりと説明します。

 

young businesswoman with successful business team

PRACTICAL TRAINING(プラクティカル・トレーニング) 短大、大学、大学院に在学する学生や卒業生、F-1の専門学校の卒業生には、プラクティカル・トレーニング(PT)という合法的に働ける実務研修期間が認められます。プラクティカル・トレーニングには、在学中に就労を許可されるCurricular Practical Trainingと、在学中と卒業後に許可されるOptional Practical Trainingの2種類があります。プラクティカル・トレーニング申請の時には、雇用主が決まっている必要はありません。申請方法は各学校で違うので、詳細は留学生アドバイザーに確認しましょう。通常は、就労許可申請書とI-20、アドバイザーの手紙を提出するだけの簡単な申請で許可が下ります。

<プラクティカル・トレーニング(Curricular Practical Training)> 大学院生や9ヵ月以上在籍した学部学生に認められるプラクティカル・トレーニング。専攻科目に関係ある職種でのみ、働くことができます。これは、インターンや必修の実習科目、カリキュラムの一部となっているトレーニングと規定されています。取得のためには、留学生アドバイザーからの許可だけで、移民局から就 労許可を得る必要はありません。 注意すべき点は、フルタイムで12ヵ月以上働いた場合は、卒業後に任意・選択用プラクティカル・トレーニング(Optional Practical Training)で働く資格を失ってしまうことです。ただし、パートタイムで働いた場合は、これに該当しません。

<任意・選択用プラクティカル・トレーニング(Optional Practical Training)> 学校の授業の一部になっている必修カリキュラム用プラクティカル・トレーニングに対して、任意・選択用プラクティカル・トレーニングは、苦学生も申請できるプログラムです。 卒業後、研修できる期間は12カ月間。専門学校生の場合は、4ヵ月の在学期間に対して1ヵ月のプラクティカル・トレーニング期間が与えられ、最高6ヵ月ま で認められます。また、専門学校生の場合は、全過程を終了して卒業した時にだけ認められます。

 

 

申請に必要な書類

申請に必要な書類等(Fビザの申請には、下記の提出が必要です。)

DS160-application-confirmationPage

  • 米国の学校またはプログラムから発行されたI-20。 SEVIS費用を支払済であることを示すI-901 SEVIS費確認書も提出しなければなりません。
  • サポーティング・ドキュメント
  • パスポート:米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるもの(ただし、国別協定によってこれが免除される場合があります)。パスポートに1名以上が併記されている場合は、各人が申請書を提出する必要があります。
  • 写真2インチ×2インチ (5cm x 5cm)で6ヶ月以内に撮影した、白い背景の証明写真1枚(ページ上部に写真を逆さまにテープで留めてください)。
  • 申請費用
  • DS-160フォーム。
  • 過去10年間に発行された古いパスポート

 

 


注意: 面接の際にはI-20を持参する必要がありますので、十分な余裕を持って面接の予約をとることが重要です。I-20の入手予定日を参考に面接予約をしてください。学校登録日までの期間が1ヶ月を切ってもI-20が届いていない場合は、I-20なしで面接を受けることも可能です。

日本国籍以外の方は、下記書類も必要です。

  • 外国人登録証または在留カードの両面のコピー

これらの書類に加えて、領事に提出した情報を補足するその他の書類も持参してください。ビザが発給される場合、申請者の国籍に応じて、相互互恵的関係に基づく発給手数料が課金されることがあります。


補足書類

補足書類は、領事が面接で考慮する多くの要素の一つに過ぎません。領事は各申請を個別に審査し、専門性、社会性、文化などの角度から検討します。領事は申請者の具体的な意志、家族の状況、自国での長期的な展望や将来の見込みなどを検討します。各事例が個々に審査され、すべての判断は法律に基づいてなされます。

(重要!)決して不正な書類を提出しないでください。虚偽記載もしくは不実記載があった場合、ビザ申請資格を永久に失うことになります。機密性を心配される場合は、封をした封筒に書類を入れて、大使館もしくは領事館に申請者が持参するようにしてください。大使館もしくは領事館はこの情報を一切開示せず、情報の機密性を保持します。

面接時に下記の書類もお持ちください。ビザが発給される場合、申請者の国籍に応じて、相互互恵的関係に基づく英語以外の書類には翻訳が必要です。

  • 本国に財務的、社会的、家族的な強いつながりがあり、米国での留学プログラムの終了後に確実に帰国することを示す書類。
  • 留学の初年度のあらゆる費用を賄う十分な資金があること、および米国滞在中のあらゆる費用を賄う十分な資金があることを証明でき、申請を補足する財務書類、およびその他の書類。M-1申請者は、留学予定期間の全学費、および生活費を支払う能力があることを証明しなければなりません。
  • 銀行の残高証明書原本、もしくは預金通帳原本。銀行の残高証明書のコピーは原本と共に提出してください。
  • 他者から金銭的な支援を受けている場合は、支援者との関係の証明(出生証明書など)、支援者の直近の納税証明書原本、支援者の預金通帳、および/または定期預金証書を持参してください。

同行家族

pixta_20488948_L(1)主たるビザ保有者と共に同じ期間米国に滞在することを望む配偶者や21歳未満の未婚の子どもは、F もしくは M ビザの家族ビザが必要です。F もしくは M ビザ保有者の両親には家族ビザはありません。

主たるビザ保有者と共に米国に居住しないものの、休暇のみを目的として訪問することを望む家族は、観光ビザ(B-2)を申請する資格があります。

F もしくは M ビザの家族ビザを保有する配偶者および同行家族は米国内で就労することはできません。配偶者/子どもが就労を望む場合、配偶者は適切な就労ビザを取得しなければなりません。

同行家族の補足書類

同行家族のいる申請者は下記の書類も提出する必要があります。

  • 配偶者または子ども本人のI-20
  • 学生とその配偶者や子どもとの関係を証明するもの (婚姻証明および出生証明など)
  • 家族が後日申請の場合は、主たる申請者のビザのコピーも必要です。

 


科学(化学)技術関連プログラムに出席する方の補足書類:

技術会議に出席する方は、上述の書類に加えて以下の書類も提出してください。

  • 完全な履歴書
  • すべての出版物のリスト(該当者)
  • 学校からの受入状/招待状

その他の情報

オプショナルプラクティカル・トレーニング (OPT)

pixta_9785733_M(2)F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に、最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPT は学生の学業とは別個のものであり、OPT の期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPT のために F ビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20を提出することができます。 ただし、これらの I-20 には、通常の課程修了後に OPT プログラムを承認することを示す認定校により、その旨が注記されていなければなりません。また、学生は、 USCIS からプラクティカル・トレーニングプログラムを許可されたこと、もしくは申請中であることの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797フォームが必要となります。

<学業を中断後の学生ビザの有効性>海外へ出国するなどして5カ月以上授業に出席していない学生は、学校に戻るにあたって新しい F-1 もしくは M-1 学生ビザを申請しなければなりません。詳細は下記の通りです。

<米国国内の学生>学生 (F-1 もしくは M-1) は、移民法の規定により、学校やプログラムの変更日から5カ月以内に学業を再開しなければ、学生の資格を失います。資格を失った学生が保有しているFもしくはMビザは、今後、旅行等から米国に戻る際も、USCIS が学生の資格を回復させない限り、無効となります。これについての詳細情報は、USCIS のウェブサイトおよび資格回復を要求する非移民ステータスの延長/変更の申請書I-539フォームの説明を参照してください。

<海外から米国に戻る学生>米国を出国し、5カ月以上学業を中断した学生は、海外での活動が学習課程に関連している場合を除いて、F-1 もしくは M-1 資格を失うことがあります。学習課程に海外での活動が関連するかどうかについて疑問がある場合は、渡米前に学校関係者に確認してください。

米国から出国し5ヵ月以上が経過して学生資格を失効した学生が米国に再入国する際、これまで使用していた有効期限内の F-1 もしくは M-1 ビザを税関国境取締局 (CBP) 入国管理官に提示した場合、CBP 入国管理官は有効な非移民ビザを保有していないという理由で、学生の入国を拒否する場合があります。CBPは、学生の入国を許可した後にビザを無効として入国申請を取り消すこともあります。従って、学生が学習課程に関連しない理由で5ヶ月以上授業を欠席した後に、学業に復帰するために米国に戻る前には、海外の大使館もしくは領事館で新しいビザを申請する必要があります。

 

 


 

Webボタン_アメリカ非移民(就労)ビザ申請について_160717

Webボタン_非移民(就労)ビザに関するQ&A_160719

Webボタン_非移民(就労)ビザ申請相談の申込フォーム(無料)_160721

Webボタン_アメリカ永住権・市民権申請について_160721

Webボタン_永住権(グリーンカード)・市民権に関するQ&A_160719

Webボタン_永住権(グリーンカード)・市民権申請相談の申込フォーム(無料)_160721

アメリカ法律相談WEBボタン_01

オフィス所在地 :